模型 民家と山小屋 MODELS HOUSE & MOUNTAIN HUT

002 Mountain hut with the big chimney
大きな煙突がある山小屋

Prototype=獅子口小屋/Tokyo of Okutama area

Scale=1:80 Size=W230mm x D160mm x H85mm

Diorama Concept 概念 着想...........
 ある夏の日、奥多摩の沢登りを楽しみ山頂を目指して登っている途中、大きな石造りの煙突が特徴の山小屋がありました。煙突は下の部分が大きく上部まで石が積み重ねられ家の下部と同じ仕様になっています。内部は大きな暖炉をそなえ、冬訪れると暖かく迎えてくれたと思います。
 手元に30年ほど前に撮った数十枚のモノクロ写真が残っています。ちょうど模型を作るための資料になりました。現在小屋は無くなっているのが残念でなりません。写真を参考に制作した私の心像風景のようなものです。内部は作っていませんが一度は泊まってみたくなるような小屋になったでしょうか。

 石段の道を登ると小屋の前にでて大きな石積みの煙突が迎えてくれます。下の部分は煙突と同じように石が使われ、壁は細めの丸太を組んで作ってあります。
 前の二つの小屋は休憩所でイスとテーブル(未制作)があり、登山者はお茶を飲んだりお弁当を食べたりしています。この小屋の下側は急傾斜になっているため下から立ち上げています。
 小屋を遠望すると、山小屋(母屋)や休憩所そして物置などがバランス良く配置され、小さな世界を作っていました。

PhotoBook

002-01

正面やや上から見ています。登山道からは左側の階段から入ります。

002-02

全体を見渡す

002-03

男性用トイレが見えます

002-04

後ろ側から見ています

002-05

正面船体を見渡す

002-06

上空から見渡す

002-07

大きな煙突が見えます

002-08

全体を眺めています

002-09

全体を眺めています